広いウッドデッキ

自宅にウッドデッキを設置するなら人工木材のものがおすすめ

人工木材のウッドデッキなら耐久性が高く安全性も確保できる

作業服の男性

ウッドデッキなら屋外のスペースを有効活用できるだけでなく、コンクリートやアスファルトなど夏場に高温になる地面から空間を設けることができます。そのため、カフェのテラスや公園、幼稚園の園庭に設置することで効果が得られます。しかし、天然木のウッドデッキはササクレや節、すり減りや劣化腐食などが生じ定期的なメンテナンスが必要なだけでなく、日々点検する必要もあります。そこで、専門業者へ依頼して人工木材のウッドデッキに交換してみませんか?
人工木材は、廃材やプラスチック樹脂で製造される複合リサイクル材です。人工木材のデメリットが解消されており、ササクレや節もありません。また、プラスチック樹脂の特性からすり減り難く、腐食だけでなく紫外線による劣化にも強くなっています。さらには人工木材には骨材としてアルミ製の中空パイプが使用されるなど荷重にも強く軽量なものもあります。専門業者へ依頼することで、既存のウッドデッキを部分的に人工木材へ交換することができます。天然木のウッドデッキの骨格が無駄にならず、床材からの交換もできるため、低予算から導入できるのも人工木材のメリットです。また、高い耐久性によりメンテナンス性も良く、天然木のように板材が重さで割れ、不特定多数の人が利用する場所で事故になるリスクも下げられます。

Post List